So-net無料ブログ作成
検索選択

学生も毎日頑張ってます。 [授業風景]

新入生も入学して3か月が過ぎました。高校の授業内容とは違った慣れない専門用語の連続で、頭も体もくらくらしながらも頑張って取り組んでいます。例えば、解剖学実習(骨学実習)では、人間の骨を観察しながら、いろいろな名称や役割を覚えていきます。人間の屋台骨である骨格をしっかり覚えて、人間の運動や活動を理解し、それが理学療法や作業療法に繋がるのですが、とにかく見たこともない名称の連続…。本当に大変だ。

さて、骨学実習では、骨の形を理解するために、骨デッサンをします。絵が上手いか下手かではなく、形を三次元的に理解するために取り組んでいます。中にはプロ顔負けの素晴らしいデッサンを完成させる学生もいます。とても教員でさえ真似できません。普通、人間の骨は見えませんから骨学実習でしっかり理解して、治療学に結び付けられるといいですね。将来は腕の立つセラピストを目指してガンバレ!

IMG_20170629_081329.jpg

                                         (鳥居)

nice!(0) 
共通テーマ:学校

安城市立今池小学校で出前講義実施 [大学行事報告]

6/26(月)

安城市立今池小学校で出前講義「障がい者スポーツを知ろう!~パラリンピック教育~」を実施しました[晴れ]

「輝け命講演会」の演題で実施された本講義は、本学リハビリテーション学科長の鳥居昭久先生と、特別講師に韓国・仁川アジアパラ大会のバドミントンで銅メダル2つを獲得した伊藤則子選手に講演を行っていただきました[ひらめき]

DSC09848.JPG

 

今回は小学5・6年生を対象に実施[手(パー)]

前半は鳥居先生から障がい者スポーツについてのお話をしていただき、伊藤選手からは「障がいと向き合って」と題してお話をしていただきました[ぴかぴか(新しい)]

DSC09852.JPGDSC09858.JPG

 

後半は伊藤選手と実際にバドミントンで対戦してみよう!ということで、児童のみなさんに体験してもらいました。普段とは違う対戦相手で馴れない様子でしたが、伊藤選手からのスマッシュが決まると歓声とともに、伊藤選手の軽やかな動きに感動していました。

DSC09875.JPGDSC09895.JPGDSC09918.JPG

 

その後、鳥居先生と伊藤選手を囲んでの質問タイム。中学生・高校生とは違う観点からの質問に伊藤選手も戸惑っていました[あせあせ(飛び散る汗)]

講演を聞いたみなさんにとって、貴重な経験となっていただけたら幸いです[ひらめき]

DSC09925.JPG

 

今池小学校のみなさんありがとうございました[exclamation]

DSC09954.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:学校

オープンキャンパス開催しました! [大学行事報告]

6/25(日)

今年度第2回目のオープンキャンパスを開催し、

昨年度同様多くの高校生・保護者の方に参加していただけました。

DSC09798.JPG

鳥居先生の大学概要説明から始まり、その後各専攻から理学療法/作業療法についての説明をしていただいた後、体験授業に参加[晴れ]

 

今回の理学療法学専攻のテーマは「筋電図を使って、筋の収縮を見よう!」

作業療法学専攻は「ひきこもりと作業療法」のテーマで実施[ひらめき]

 

理学療法体験ブースでは、参加した高校生に実際に筋電図使ってもらい、筋の動きを測ってもらいました[手(グー)]

DSC09816.JPGDSC09826.JPGDSC09830.JPG

 

作業療法ブースでは、参加者の皆さんに本の栞を作ってもらい、その後それぞれの「作業の仕方」についての解説がありました[手(パー)]

DSC09812.JPGDSC09807.JPGDSC09808.JPG

在学生とティータイムでは、高校生の皆さんがオープンキャンパススタッフの学生に学校の様子や通学、勉強やアルバイトについてなど色々なを質問がありましたが、ティータイムだけでは時間が足りなかったのか、終了後の個別相談会でも教職員やオープンキャンパススタッフの学生と参加者の皆さんが話をしていました[ぴかぴか(新しい)]

DSC09841.JPGDSC09838.JPG

 

お足元が悪い中、本学オープンキャンパスにお越しいただきありがとうございました。

そして[exclamation]次回開催は7/16(日)13時~16時です[exclamation]

受験生にとっては進学先を決める大切な時期のオープンキャンパスになるかと思いますので、皆様のご参加お待ちしております[ひらめき]

ご予約はこちらから↓

http://www.yuai.ac.jp/entrance/opencampus.html


nice!(0) 
共通テーマ:学校

女子野球部より [クラブ・サークル]

2017年も、825日(金)~ 富山県魚津市にて、「全日本大学女子野球選手権大会」が開催されます。

さて、今年の愛知医療学院短期大学野球部は…?????

 

実は、一年生の新入部員はゼロ名…という女子野球部10年目にして、最大のピンチが訪れています

いったいぜんたい…どうしましょう!?

 

「元気な新入生よ、集まってくれぇ~!!!」

 

というわけで、危機的な状況です。

常時、新入部員を募集しているのですが、今年の1年生はなかなか腰が重い。

みんな、

勉強が不安…

バイトが忙しい…

野球はやったことがないから…

などの理由で入ってくれないのです。

 

もちろん勉強も大切です。

野球部は常に文武両道を目指し、そして勉強は最優先に取り組んでいます。

むしろ、勉強を一緒に一生懸命にやっているので、野球部員の成績は、他の学生の平均以上はキープしていますよ。

それに、

今の野球部員は全員が野球の未経験者です。

だからこそ、下手くそでもいいから、みんなで頑張ろう!って気持ちになれるのです。

もし経験者ばかりだったら、むしろチームワーク取りにくいかもしれません。

みんなが初心者で、みんなが下手くそからスタートしているので、みんなで努力して、みんなで楽しんでいるのです。

 

そして、

一番大切なことは…

青春時代、学生時代は、今しかない!

一生で一度しか来ない!

ってことです。

 

だからこそ、

この大切な学生時代に、でっかい思い出を作りたいのです。

みんなで、初心者レベルからスタートして、

みんなで、少しずつ努力して、

そして、みんなで全日本大学選手権大会に出るのです。

これは、

愛知医療学院短期大学では、女子野球部しか経験が出来ない、でっかいでっかい思い出になります。

 

だから、みんな一生懸命やっています。

 

今年は、単独チームで出るのは困難になってしまいました。

でも、残った2年生部員5名だけでも練習を続けています。

そして、他の大学との連合チームで参加することを目指しています。

 

もちろん大会までに新入部員が入ってくれたら最高に嬉しいです。

 

今年の愛知医療学院短期大学女子野球部に熱い声援を送ってください!

2017登録用 mini.jpg 

(監督・鳥居)


nice!(0) 
共通テーマ:学校

げんき大学で体力測定会を行いました [授業風景]

6月1日に入学式が行われた清須市民げんき大学。


早速初めのイベント「体力測定会」が行われました。


体力を測定するのは、短大の学生さん。

体力を測定されるのは、げんき大学の学生さん。


約30名の方が10種目以上の測定にチェレンジされました。

スライド3.JPG



短大の若き学生さんたちは、この日のために測定方法を学んできました。



測定会が始まると同時に、会場は熱気の渦に。


「よし!がんばります!!」


「きゃー!できない!!!」


げんき大学の学生さんの気迫に圧倒される短大の学生さん。



元気な元気なげんき大学の学生さんのペースに着いていくのが精いっぱい。。。



しかし、だんだんと短大生も本来の姿を取り戻します。


応援にも熱が入り、被験者の力を存分に引き出します。


スライド4.JPG


時間がたつにつれ、会場には両方の学生の笑顔があふれていました。


げんき大学の学生さんからはもあふれ出ていました。




工事でリニューアルされ若返った校舎で、

年の違う学生さんたちが共に学び、交流を深められるのはとても素敵ですね。



イケメンがたくさんいるんだから、並べてくれたらもっと良い結果が出たのに!!」

と、げんき大学の学生さん。


それはそれは、準備不足で失礼いたしました。


スライド2.JPG


イケメン・・・若い人の応援で、本当に良い結果になるのか・・・

どなたか短大生の方、卒業研究のテーマにいかがですか?



どちらの学生さんも、年度末の体力測定もがんばりましょう!

スライド1.JPG




臼井晴信(理学療法学専攻 助教)

nice!(1) 
共通テーマ:学校

第4回新卒者研修会を開催しました!! [同窓会行事]

63日(土)1900より新卒者研修コースを行ないました。


 今回の前半のテーマは「高次脳機能障害のリハビリテーション」、講師は愛知医療学院短期大学OT専攻・加藤真夕美先生です。


 CIMG0630.JPG


自分の治療に行き詰った時、目の前の患者さんをよくみて、評価に立ち戻ることが大切と学びました。


また、先生と参加者のみなさんで二重課題障害体験を行ないました。高次脳機能障害をお持ちの患者さんの気持ちが少しだけ分かったような気がしました!


 CIMG0633.JPG


普段の臨床においても、患者さんの行動をよく観察し、評価してどのような対応をしていくか、考えていけると良いですね。


 


 


後半は「脳血管障害のリハビリテーション」、愛知医療学院短期大学PT専攻・松村仁実先生です。


 臨床でもみることが多い疾患ですが、その個別性から対応が難しいですね。


CIMG0637.JPG


まずは病気の復習と、回復時期に応じた介入方法について講義を頂き、回復過程に応じて介入の仕方を変えていく必要があると学びました。


 PTOTとしてこれからどのように生き残っていくか、、


自分だからできることを追求していきましょう!


 


 


次回の新卒者研修コースは


711900~(受付1845~) 


テーマは「精神科領域のリハビリテーション」、


講師は愛知医療学院短期大学OT専攻横山剛先生


「認知症のリハビリテーション」、


講師は愛知医療学院短期大学OT専攻山下英美先生です。


 


ご参加をお待ちしております!


nice!(0) 
共通テーマ:学校

保育園事業  ~運動遊び~ [コミュニケーション活動報告]

6月1日(木)晴れ


今日は一場保育園の子ども達と一緒に「ボール遊び」と「縄跳び遊び」をして遊びました[exclamation×2]はじめに準備体操を行いました。


CIMG0561.JPG CIMG0564.JPG


CIMG0570.JPG CIMG0577.JPG


[サッカー]ボール遊びでは「下投げ」、「上投げ」、「後ろ投げ」、「片手投げ」を行い、みんな上手に投げていました。


CIMG0580.JPG CIMG0588.JPG CIMG0592.JPG


男の子は、力が強く女の子よりも遠くに投げていました[野球]その後、子ども達がボールを持ち、走りながら学生にボールを当てる遊びをしました。子ども達は、とても楽しそうでボール投げよりも走りながら目的に向かって投げる(動く)方が[ぴかぴか(新しい)]イキイキ[ぴかぴか(新しい)]していたような・・・気がします[exclamation]


CIMG0599.JPGCIMG0601.JPGCIMG0600.JPG


縄跳び遊びでは、10回連続跳び(大波~♪小波~♪の「小波」です)をしました。跳ぶ前に、男の子が「縄跳び苦手[もうやだ~(悲しい顔)]」ということを伝えてきて、不安そうな顔をしていましたが、何度も挑戦して「10回」跳べるようになり、嬉しそうな笑顔[わーい(嬉しい顔)][るんるん]を見せてくれました。


CIMG0603.JPG CIMG0605.JPG


続いて「4人跳び」にも挑戦しました。4人で連続10回跳ぶことが出来て、「やった~[exclamation×2]」と達成感に満ち溢れていました。


CIMG0611.JPGCIMG0618.JPGCIMG0622.JPG


遊びが成功して上手くいった時に、[手(パー)]ハイタッチをして子ども達とコミュ二ケーションをとったり、子ども達のできなかったことができた時の表情を見たりと、とてもいい体験ができました。[かわいい]楽しい時間でしたが、とても貴重な時間でもありました[かわいい]


理学療法学専攻2年 吉川菜々美[揺れるハート] 



nice!(0) 
共通テーマ:学校