So-net無料ブログ作成

創立35周年を迎えました。 [大学行事報告]

平成291014日(土)、学校法人佑愛学園創立35周年を迎え、学生、教職員、理事が列席し記念式典を挙行しました。

DSC01286.JPG



丹羽理事長は、創立から今日までの歴史を振り返り、長年の努力が着実に実を結んでいることを実感していると述べました。また、建学の精神『佛心尽障』(知恵と慈しみの心を持って障がいを有する人々の心身を広く支える)について説明し、これまで多くの卒業生が地域医療を支え続けていることに感謝しました。


平成29年度以降、18歳人口が減少することが見込まれているが、本学のような実学教育の短期大学は大学の独自色を出したスクールカラーで勝負できる。小さくてもキラリと光る短期大学でありたいと述べました。


DSC01287.JPG 

舟橋学長は、この機会に本学がどのような考えのもとに教育を実践しているかについて説明しました。


教育理念・3つのポリシーに従って教育を行っている。現代のような混沌とした社会において、本学の学習成果により国家資格を取得し、職に就けば、正職員として安定した社会生活を送ることができる。18歳以上の皆さんは選挙権を得ている。投票権を得るということは大人になったということであり、大人としての義務を果たす必要がある。人にも自分にも恥ずかしくない生き方をしてほしい。中国に「天知る、地知る、我知る、子知る」ということわざがある。他人は知らないと思っても、天地の神は見ているし、自分もあなたも知っているという意味である。太陽に向かって胸を張って堂々と生きる人生を過ごしてほしいと訓示しました。



DSC01290.JPG 



続いて、これまでの歩みを画像で振り返るとともに、愛知医療学園応援歌で締めくくりました。今後も教育理念達成のために、構成員全員で努力し続ける所存です。今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願いします。DSC01295.JPG


学校法人佑愛学園法人本部長 小川由美子



 



nice!(0) 
共通テーマ:学校

【パラリンピック教育】障がい者スポーツを知ろう!~布袋中学校~ [コミュニケーション活動報告]

10/12(木)
江南市立布袋中学校の、福祉医療に興味のある生徒の皆さん約30名が、校外学習の一環で来学され、
本学にて「障がい者スポーツを知ろう!~パラリンピック教育~」講義を受けました[晴れ]
講義は、本学理学療法学専攻教授の鳥居昭久先生が担当[ひらめき]

DSC01204.JPG

障がい者スポーツやパラリンピックについて学んだ後、
実際に障がい者スポーツを体験[手(グー)]
ブラインドサッカーや競技用車椅子に乗っていただきました[るんるん]

DSC01230.JPGDSC01233.JPGDSC01258.JPGDSC01264.JPG

後日、参加された生徒の皆さんよりお礼の手紙が届き、
「講義中に紹介された【失われたものを数えるな、残っているものを最大限に活かせ】という言葉がずっと心の中に残っています。」や、「体験を交えた説明でわかりやすく、とても良い経験になりました。」など嬉しいお言葉をいただきました[ひらめき]
今回の講義を機に、より福祉医療への興味・関心を持っていただけたら幸いです[パンチ]
布袋中学校の皆さん、ありがとうございました。


nice!(0) 
共通テーマ:学校

【パラリンピック教育】障がい者スポーツを知ろう!~長久手東小学校~ [コミュニケーション活動報告]

10/11(水)
長久手市立東小学校にて、出前講義「障がい者スポーツを知ろう!~パラリンピック教育~」を実施してきました[晴れ]
講師は本学理学療法学専攻教授の鳥居昭久先生と、
特別講師に障がい者バドミントンの伊藤則子選手をお招きしました[ぴかぴか(新しい)]

最初に鳥居先生による障がい者スポーツや、パラリンピックについての講義。
次に伊藤選手にお話しをしていただきました[ひらめき]

DSC01139.JPG

その後、児童の皆さんには伊藤選手と一緒にバドミントンをプレイしてもらいました[パンチ]
伊藤選手の強烈なスマッシュに、皆さん驚かれていました。

DSC01158.JPGDSC01171.JPG

最後は、鳥居先生・伊藤選手への質問タイムで、
小学生ならではの質問も多く、普段の出前講義とは違う雰囲気でした[るんるん]
長久手東小学校の皆さん、ありがとうございました


nice!(0) 
共通テーマ:学校

【出前講義】理学療法と作業療法について~修文女子高等学校~ [コミュニケーション活動報告]

今回は修文女子高等学校にて出前講義を行ってきました[晴れ]
担当したのは、本学理学療法学専攻の助教で心臓リハビリテーションや運動生理学の研究をしている臼井晴信先生です[ぴかぴか(新しい)]
まずは、理学療法と作業療法の違いについて治療法や専門分野の観点から説明してもらいました。

DSC01115.JPGDSC01119.JPGDSC01123.JPG

その後、生徒の皆さんには聴診器や血圧計を使って心臓の音や呼吸音を聞いてもらいました。
聴診器を初めて触ったという生徒さんも多く、
「色々な体験が出来て楽しかった。より一層理学療法士・作業療法士の仕事に興味が沸いた。」
と感想を言ってくれた子もいました[ひらめき]

DSC01128.JPGDSC01131.JPGDSC01137.JPG
生徒の皆さんには、楽しい時間を過ごせていただけたかと思います[exclamation]

ありがとうございました[手(パー)]


nice!(0) 
共通テーマ:学校

出前講義「障がい者スポーツを知ろう!~パラリンピック教育~」新川高等学校 [コミュニケーション活動報告]

10/2(月)

本学と同じ清須市内にある学校、愛知県立新川高等学校にて出前講義「障がい者スポーツを知ろう!~パラリンピック教育~」を実施してきました[晴れ]

講師はもちろん、本学理学療法学専攻教授の鳥居昭久先生[パンチ]

特別講師に、車椅子バスケットボールの女子チーム「Briliant Cats」で活躍さている有川美穂選手をお招きし、体験授業を行っていただきました[バスケットボール]

DSC00912.JPG

 

高校1年生の男子計208名を2グループにわけ、各グループ約50分間の講義を行いました[ひらめき]

最初に、鳥居先生から障がい者スポーツの紹介やパラリンピックについての説明してもらった後、高校生には有川選手と一緒に車椅子バスケットボールを体験してもらいました[手(パー)][ぴかぴか(新しい)]

DSC00917.JPGDSC00962.JPGDSC00993.JPG無題2.jpg

 

車椅子バスケットボールを間近で見るのが初めてという生徒も多く、有川選手の迫力あるプレーに思わず感嘆の声を漏らす子も・・・

実際に競技用車椅子に乗ってプレーを体験してもらうと、真っ直ぐ進めずその場でぐるぐる回ってしまう生徒もいましたが、シュートを決めたときは、その場にいた全員から自然と拍手が起こるほどの盛り上がりをみせました[るんるん]

DSC00956.JPG

 

普段の生活では、目にすることができない障がい者スポーツを間近で見て、体験できたことは高校生の皆さんにとって貴重な経験になったはず。

東京パラリンピックの開催も近づいてきているので、今回の講義をきっかけに障がい者スポーツにも興味を持ってくれたら嬉しいです[手(グー)]

ありがとうございました[ぴかぴか(新しい)]

DSC00969.JPGDSC00973.JPG


nice!(0) 

選書ツアーを開催しました

2017年9月20日(水)[晴れ]

名古屋栄にある丸善名古屋本店にて第1回選書ツアー[本]を開催しました。


選書ツアーとは[exclamation]

学生の皆さんに本屋へ行ってもらい本学Book Shelf(書庫)に置く本を選んでもらう企画です。


参加者は学生と教職員合わせて4名でした。

90分ほどかけて様々なジャンルから、ゆっくり楽しく43冊を選書しました[ぴかぴか(新しい)]


参加した学生からは「楽しかった」、「課題の際にあったらいいな、と思う本を選ぶことができた」などの意見がありました[グッド(上向き矢印)]


DSC00673.png



 


選書された本はラーニングコモンズに展示中です。(貸出できます)

どんな本が選ばれたのか、手に取って確認してみてください[ひらめき]


123.png


nice!(0) 
共通テーマ:学校

9月21日げんき大学 -糖尿病と障害者スポーツ- [授業風景]

9月21日


げんき大学では後期の2回目の講義が行われました。


学生生活もすっかり馴染んでいるげんき大学の大学生さん。


この日の講義、前半は本学学長による糖尿病のお話でした。


DSC00682-1.jpg


身近な病気の話。

学長の話も分かりやすく、皆さん真剣に聞いておられました。


私も将来のために聞いておきました。


DSC00688-2.jpg


そして後半のテーマは障害者スポーツ


この日はパラリンピックの種目でもあるボッチャの体験をしました。


ボッチャはルールはカーリングに似ている競技です。

赤と青の2チームで対戦し、白いボールにできるだけ近づけます。


DSC00771-3.jpg


げんき大学の学生さんたちは、

ただ体験するだけではなくルールを理解して、

自分たちで審判も行われました。


時間とともにだんだんと白熱。

講堂に響く歓声と悲鳴


DSC00803-5.jpg


短大の学生さんがサポートに入ります。


げんき大学の学生さんからの鋭い質問に、

戸惑いながらも一生懸命説明する短大生。


DSC00796-5.jpg


げんき大学の学生さんは、地域で自分たちのグループで活動されている方もたくさんいます。


皆さん、ボッチャをやる気満々で身につけて帰られました。


(文章:臼井晴信)


nice!(0) 
共通テーマ:学校

保育園事業 ~おじいさん、おばあさん体験をしよう!~ [コミュニケーション活動報告]

9月21日(木) 晴れ 9:30~10:30 


 今日は、2年作業療法学専攻の学生と一場保育園「ゆり組」のお友達と「おじいさん、おばあさん体験」をしました [exclamation]


体験は・・・[かわいい]リーチャー[かわいい]


DSC00690.JPG  DSC00691.JPG


 遠くの物を引き寄せたり、床に落ちたものを拾ったりする道具です。ゲーム感覚で楽しんで体験してました。ペットボトルには、水が入っています。両手で移動させていましたが・・・重くて大変そうでした。 


[かわいい]非利き手のはさみ体験[かわいい]


DSC00706.JPG  DSC00728.JPG


 私の担当は、「非利き手のはさみ体験」でした。非利き手でハサミを使うことの難しさを体験してもらいました。切る体験が終了後、白紙に張り付けて、空いたスペースに色鉛筆で自由にお絵かきを楽しんでもらいました。とてもかわいい[揺れるハート]ハロウィンをモチーフにしたかぼちゃの切り絵が完成しました[exclamation×2]出来上がったカボチャはどれも個性的でとっても素敵でした[るんるん] 


[かわいい]高齢者体験[かわいい]DSC00714.JPG


 片足に「重り」をつけて、歩いてみました。そんなに重くないようでした[わーい(嬉しい顔)][たらーっ(汗)]もう少し、重いのでもよかったかな??


[かわいい]スプーンで豆移動・非利き手で描いてみよう[かわいい]


DSC00701.JPGDSC00702.JPG


 左手と右手の違いを絵を描いたり、スプーンで前を移動させたり体験しました。左手で絵を描くことが難しい[もうやだ~(悲しい顔)]と言っていました[exclamation] 今回の体験を通して、おじいさんやおばあさんが普段どのように生活しているか[exclamation&question]また歳をとると体に変化も出てくることも学んでもらいました[手(パー)][わーい(嬉しい顔)]


DSC00741.JPG DSC00739.JPG


 真剣に話を聞いてくれてます[exclamation×2]この体験をもとに、人に対して[ぴかぴか(新しい)]優しい気持ち[ぴかぴか(新しい)]が育ってくれると嬉しいです[わーい(嬉しい顔)]


[黒ハート]作業療法学専攻 桐村めぐみ 佐藤瑠璃[黒ハート]


nice!(0) 
共通テーマ:学校

第7回新卒者研修開催報告 [卒業生へ]

9月9日(土)19:00から第7回新卒者研修会を行いました。

前半のテーマは「関節機能障害と理学療法、作業療法 ~肩関節を中心に~」
講師は大隈病院の理学療法士 宮ノ尾明弘先生です。


関節内運動の基本的な説明から、肩関節に対するアプローチ方法を実技を交えてご講義いただきました。普段、臨床現場では関節運動時の関節外運動の評価、治療を行うことが多くなってしまいますが、今回の講義で関節内運動の評価や治療の大切さを学ぶことができました。

  CIMG0900.JPG


  CIMG0903.JPG


 


後半のテーマは「内部障害のリハビリテーション」
講師は愛知医療学院短期大学PT学専攻 臼井晴信先生です。


治療の前後で心拍数や血圧の測定を行うことが多いですが、訓練中の動作、環境によっても大きく変化するため様々な場面で測定することの大切さを教えていただきました。また、時には運動よりも心理的負荷(不安や恐怖)の方が心血管系に影響することを、臼井先生の研究結果を交えご講義いただきました。

  CIMG0905.JPG


今年度の新卒者研修会も次回で最後になります。
次回は、「秋季研修会」兼「新卒者研修」です。

日時: 10月7日(土)18:00~20:00 (受付17:30~)
テーマ: フレイル・サルコペニアの原因と対策
講師: 白石成明先生(日本福祉大学健康科学部理学療法学専攻)

*研修会終了後に新卒者研修コースの修了式を行います。


                                【同窓会事務局】



nice!(0) 
共通テーマ:学校

オープンキャンパス開催しました。 [大学行事報告]

9/16(土)オープンキャンパスを開催しました[晴れ]

今回は天気が少し心配でしたが、雨もひどくならずなんとか開催でき、

50名近くの方に参加していただけました[ひらめき]

DSC00628.JPGDSC00623.JPG

今回の体験授業は、

理学療法ブースでは木村菜穂子先生と松村仁実先生による「いろんな方法で、筋力を測ってみよう!」

参加者の皆さんには、握力計など色々な器具を利用して筋力を測ってもらいました[手(パー)]

DSC00652.JPG

作業療法ブースのテーマは「ひきこもりと作業療法」で、堀部恭代先生と

山下英美先生が担当。

しおり作りを通して、作業療法士の在り方を参加者の皆さんに体験してもらいました[ぴかぴか(新しい)]

DSC00640.JPG

オープンキャンパススタッフには高校生の皆さんに、本学での勉強や過ごし方について話してもらいました[パンチ]

DSC00632.JPGDSC00647.JPGDSC00659.JPG

今回も多くの方に楽しいひと時を過ごせてもらえたかと思います。

ありがとうございました。

次回開催は10/14(土)です[ひらめき]

次回のオープンキャンパスが今年度最後のオープンキャンパスとなりますので、最後のチャンス皆さん是非ご参加ください[exclamation×2]

次回の体験授業(予定)は

理学療法ブース「障がい者スポーツの世界」

作業療法ブース「脳の働きと作業療法~認知症と認知症予防の作業療法~」です。

ご予約はこちらから。

 

11/19(日)は、学祭とミニ・オープンキャンパスとなります。


nice!(1) 
共通テーマ:学校